医療脱毛クリニックと脱毛サロンで使用される脱毛器は違うことは、意外と知られていません。医療脱毛は少し痛いばあいがあるし、エステの脱毛サロンでは完全脱毛は期待できないというくらいは知る人はいますが、人によっては、「医療脱毛脱毛機」を使って脱毛する医師がいることも知らない人がいます。つまり脱毛は、美白とか痩身を行うエステの鉄板メニユ-という風に思っているのです。CMの効果というのは、すごいものかと改めて思います。医療クリニックで行う脱毛は医師が自ら医療行為にあたります。その為にエステでは使用することのできないパワ-のある医療レーザーを使用して脱毛を行います。照射による怪我等の対処が医師だと可能だから出力の高いものの使用が許されています。医療レーザーは照射できる波長のタイプによって、脱毛の作用や施術時間、得意とする毛の種類、スキンタイプ(人種による)などが違ってきます。知らない人が多いかと思いますが、医療脱毛で使われるレーザーには、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの3種類があるのです。それぞれのレーザーの得意とする毛質や肌質に違いがあるのは、それぞれの照射できる波長が異なるからなのです。アレキサンドライトレーザーが一番日本人の肌にはあっていると言われています。